「2021年第3弾!いま見ておくべき」フィットネスインフルエンサー【山本義徳 先生】が熱い!

blog

 皆さんこんにちは。

 いまや業界では知らない人はいないんじゃないかというほど、フィットネス業界の「顔」のような存在になっていますね。

 これまで紹介してきたインフルエンサーは「競技者」でしたが、「指導者」として活躍されている方を紹介したいと思います。

山本義徳ってどんな人?

ウィキペディアで検索すると・・・

ボディビルダー・アスレティックトレーナー

 いくつかのスポーツ競技者を経て、パワーリフティングに目覚め、90年代~2000年代にかけてボディビルダーとして活躍されています。NPCという海外の団体が主催する大会でいくつも賞を取っています。

 アマチュアの大会ですが、優勝経験もあり、競技者として実績もある方です。

 その後アスレティックトレーナーとして、有名なトップアスリートの指導もされているのは山本先生の紹介コメントとしても有名です。

 また、サプリメントの知識が豊富なことから「筋肉博士」と呼ばれるようになります。

 最近は、YouTubeチャンネルでの発信活動をされていて、同じ筋トレYoutuberのパーソナル指導をされています。

インフルエンサーとしての活躍

YouTubeチャンネル

 わたしたちは、YouTubeチャンネル「山本義徳 筋トレ大学」で良くお見掛けしますね。

山本義徳 筋トレ大学
ボディビルダーの世界大会で優勝した経験を持ち、 メジャーリーガーをはじめ、数多くの有名アスリートを指導した経験もある 筋肉博士こと山本義徳氏の公式YouTubeチャンネルです。 トレーナーの方、トレーナーを目指している方、トレーニングをしている方 に向けて情報を発信していきます。 ■山本義徳監修ブランドVALXサイ...

 (指導者として経験豊富で、そして尚ご自身でも勉強されているので安定して教え方が上手です)

 指導している様子がチャンネル内で公開されているのですが、競技者として実績があるので言葉に裏付けされた「説得力」があり、見ていて安心感があります。

 これまで、とても苦労されてきたのが動画を見ていて伝わってきます。とても合理的でオタク気質な所が共感を持てますし、余計な事を言わないので動画なのに聞き入れやすいです。

VALXプロデュース

  ここ最近だと「VALX」の顔ですよね。(株)レバレッジの社外取締役だそうです。

自分のYouTubeチャンネルで、優良なトレーニング指導に絡めた商品紹介を行っています。

 また、会社としても広告にとても力を入れているのがうかがえます。

ちなみに、私のサイトはVALXの広告だらけになっています(笑)

ビジネスポイント

山本義徳 先生のパーソナルは日本のフィットネス界屈指の価値です。IFBBプロの「JIN」さんはじめ著名なクライアントばかりです。「この価値」をYouTubeで一般公開することによって集客できます。そこで自分の監修した商品を売り込むことによって、売り上げを作っています。

 指導力で集客(YouTube) × 商品(VALX) = 売上(レバレッジ WIN)

山本先生のトレーニング理論

 一度は山本先生のパーソナルを受けたいです。窓口探したんですが、見つからず終了しました。

今回は山本先生が推奨している指導方法を取り上げていきます。

101の理論

 自分の能力を「100」としますと、それに対するトレーニングの刺激は「101」与えられる事ができれば良し。それ以上の「120や130」は必要が無いという考えです。

 先生は言っていました。

「120や130」のトレーニングを置き換えて例えるなら、

 筋肉が発達するスイッチを強く押し続けるようなもので、「101」以上の刺激は無駄で回復を遅らせているだけのようなものという考えです。

 誰かに補助してもらうフォーストレップや75分を超えるトレーニングは回復に影響が出るので、「上手に短時間で追い込めるトレーニング」が理想だという考え方です。

停滞期を作らない減量(ケトジェニックダイエット)

  ダイエットで問題になるのが、体重の減少がある時から止まってしまう「停滞期」です。

食事量を期間やトレーニング日などで調整しながら、メリハリをつける事を推奨されていました。

 また、中途半端な糖質制限ダイエットより極端に糖質をカットして、ケトン体質に持っていき脂質をエネルギーにするケトジェニックダイエットを推されています。

 (私も現在挑戦中です。)

トレーニング前後の栄養摂取

  先生がいろんな所で言われているのが、

  • トレーニング1時間前 プロテイン (トレ中の血中アミノ酸濃度を高く保つため)
  • トレーニング中 EAA (トレ中の筋分解を防ぐ目的)
  • トレーニング直後 グルタミン (トレ後のリカバリー目的)
マンデルブロトレーニング

 非線形ピリオダイゼーションとも言われます。

フェーズ1~3まであるトレーニングプログラムで、強度と回数を組み合わせたトレーニングです。

  • 【フェーズ1】 中強度で中回数(8~10回できる回数)
  • 【フェーズ2】 高強度で低回数(3~6回できる回数)
  • 【フェーズ3】 弱強度で高回数(25~30回できる回数)

インターバルをしっかり設けて、1部位1~2セットで終わらせる(追い込む)トレーニングです。

 種目選定とトレーニングがうまくなると3~40分で終わらせる事が可能なトレーニングです。わたしもこの減量から取り入れていて、しっかりと追い込めます。

まとめ

  山本先生の事を調べていたら、あまり良くない風に書いてある記事もありました。

個人の感想なので自由で良いと思いますが、

「好きな事を追求して稼いでいる」「多くの人の役に立っている」

 人間なので至らない箇所もあるかと思います。

 しかし、自分の身体を犠牲にして、尚ハードな現役生活を日の目を見る前から、地道に努力してこられた成果だと思います。非常に素晴らしい人だとわたしは思います。

  真似はできないけど、憧れる指導者です。

時間とお金をかけない。 めんどくさがりのための 体型改革法
《!!新プログラム始動!!》 『今という時間は2度と 戻ってきません。』 最高のモテライフ 過ごしてみませんか? 1日15分!! たった1ヶ月間!! どんな方法も続かないメンドくさがりが モテボディーを手に入れるためのメソッド 🚨🚨ついに公...

なんでもいいので、ご意見・ご感想をお待ちしております。アドバイスなども嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
筋力トレーニングランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました