はじめに・・・

パーソナルトレーナーとして活動します

豊かな人生は健康から

ご覧いただきありがとうございます。

このブログでは、わたしがパーソナルトレーナーを仕事にするに当たっての思いを書いています。

ぜひ、最後まで読んでください。

青森県でパーソナルトレーナーを仕事にした理由

結論から言うと、以下の3つがあります。

自分の健康をもっと大事に

自分のこれまでの生い立ちから、フィットネスや健康に関心を持つようになり、必要としている人のサポートをしたい。

地域の医療事情の変化

10年前と比べて地元の医療事情の変化に驚いた。また、県の健康増進への取り組みにも共感し、自分にできる事で貢献したい。

運動の成果を最短で

独学で成果を出すのは難しい。運動を続けて習慣化するには、専門家と共に成功体験を着実に積むことで、必ず変われる。

20代の頃、まだスマホが無い時代の話になりますが、身近な人が完治しない病気だったり、癌や事故などで亡くなる出来事が毎年のように続きました。

この頃から「死」とか「病」が身近なものというか、他人事とは思えないものになりました

同時に、この世の中は病人に対し、とても不利だなあって思っていました。もちろんその家族や身近な人も・・・。

頑張らなきゃ!って思っても、なかなか前向きになれない。それでも仕事をして、納税して、家族を支えて、自己管理もしながら。そして、こういう事情は外からは見えないし、見せたくないし、解らないんですよね・・・。

フィットネス・健康との出会い

そこからフィットネスや健康に関する情報に触れる機会が多くなり、投薬治療の前の段階で病気は自分次第でどうにかなる部分もある事を知りました。

最近では、リモートワーカーの方が運動不足を実感してパーソナルを利用されるお客様が多くなりました。

そこから、少しづつ仕事にしたいと思うようになり、最初は独学でしたが無料の情報には限界があり、学校に入り、業界の有名な方に直接会って話を聞きに行ったりしました。

地域の医療・健康増進事情

そこから30代後半になり、地元の複数の病院に通うことがあり、そこである変化に気づきました。

昔からあった個人病院が無くなり、大型病院に患者が集まることで異常な待ち時間がありました。また、病院の先生が不足していて、隣市から日替わりでヘルプで診察にきている状態だったり、いままでなかった診療内科(糖尿病専門)があったり。

ほとんど認知されていないですが、青森県では県・市町村で健康増進に関する取り組みが行われています。健康的な生活習慣に関する具体的なガイドラインなどがホームページの記載されています。

トレーニングの成果の実感

かれこれ10年ほどトレーニングを続けてきて、身体やメンタルの変化を感じる事ができました。

独学でやっていた頃はほとんど変わらないのに、フィットネス業界で有名な方々のパーソナルを受けてからは自他ともに驚くほど変化が見えました。現在でも年齢に関係なく成長を感じています。

長年、自分で試行錯誤してきたからこそ、特に運動初心者の方にはパーソナルの重要性を感じています

以上です。最後まで読んで頂きありがとうございました。

これを読んで、「同じような思いをされている方」や「何かを感じた方」はお気軽にコメントください。必ず返信いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。